シャープ空気清浄機[KC-F50]の価格動向~最安値の買い時は?

空気清浄機の売れ筋ランキングで人気のシャープ【KC-F50】

2016年の旧型モデル(いわゆる型落ち)ですが、機能がほとんど同等の2017年モデル【KC-G50】と比べて価格が大幅に安いことで人気となっています。

旧型機種ですので、いつが買い時か判断するのが難しいところですが市場の価格動向から今後の値動きを予測してみました。


KC-F50の価格動向

2015年9月発売から2017年3月までの価格推移

シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載【KC-F50】の価格推移
出典:価格.com|KC-F50-W [ホワイト系] の価格推移グラフ

年月 平均価格 最安値
価格(円) 価格比較 価格(円) 価格比較
2015年9月 48,000 100% 40,500 100%
2015年12月 39,000 81% 34,000 84%
2016年3月 37,000 77% 32,000 79%
2016年6月 34,000 71% 26,000 64%
2016年9月 28,000 58% 20,000 49%
2016年12月 25,000 52% 20,000 49%
2017年2月 23,000 48% 19,000 47%
2017年3月 23,000 48% 18,200 45%

発売から1年半で価格が50%ダウン

発売直後の2015年9月の価格は平均価格が48,000円・最安値価格が40,500円でしたが、価格は徐々に下がり2017年3月の状況は平均価格は23,000円・最安値は18,200円で、どちらも発売当初より50%以上安くなっています。

ただ、最安値価格は2016年9月に20,000円まで下がってからはほぼ横ばいとなっています。

値下がりのタイミングは新機種の発売

このように安くなるのは「型落ちによる在庫処分」が大きく影響しています。

メーカーとしては旧型機種の在庫をそのままにしておくと資金負担になることから、できるだけ早く販売してしまいたいので残っている在庫品について価格を下げ、利益を減らしてでも販売を優先します。

機能は同等レベルでお買い得

結果、型式は古くなりますが空気清浄機としての機能や能力はほとんど同等レベルの製品であるにもかかわらず、新型に比べて価格が極端に安くなりお買い得になっています。

ただ、注意したいのは在庫が無くなれば販売終了となりますので、購入のタイミングが遅れると売り切れてしまいます。

KC-F50の最安値・買い時は?

KC-F50の今後の価格動向予想には、この機種の前年モデル【KC-E50(2014年9月発売)】の価格推移が参考になります。

KC-E50の価格推移(2014年9月~2017年3月)

シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載【KC-E50】
出典:価格.com|KC-E50-W [ホワイト系] の価格推移グラフ

在庫が僅少で価格アップの可能性

KC-E50の価格推移を見ると、最安値価格は発売から1年9ヶ月後の2016年6月に16,000円まで下がっていますが、以降は横ばい状態となっており、2016年12月には逆に22,000円にアップしています。

KC-F50の価格も同じような動きをするとしたら、4月~8月頃までは横ばい状態のまま続き、その後は上昇するかもしれません。

買い時は「今」か遅くとも「8月」ごろまで」

せっかく価格が下がっても在庫が無くなってしまうと販売終了となります。

すでに大手家電量販店のヤマダ電機やヨドバシカメラ・ビックカメラなどは在庫がなくなり販売を終了しています。

また、在庫が残り少なくなると価格が逆にアップするリスクもあることを考慮すると、今が一番の買い時かもしれません。

PAGE
TOP