2015年新製品「WX970/W870/W570/V360」を簡単比較(機能・価格)

2015年1月23日より発売になった今年の新型モデル「HC-WX970M・W870M・W570M・V360M
発売から1ヵ月が経ち、大手家電量販店の実勢価格も落ち着いてきたので、
パナソニックのビデオカメラ新製品4機種の機能・価格をざっと比較。
パナソニック  デジタルビデオカメラ2015年新製品
出典:http://panasonic.jp/dvc/
ポイントは売れ筋だった『HC-V550』クラスに"W:ワイプ"が搭載された『HC-W570M』

HC-V360M 【発売時価格:51,840円 実勢価格:4万円台前半】

従来通りのローエンドモデルで機能は最小限に抑えられています。
パナソニックビデオカメラの特徴となる光学50倍ズーム(iA90倍ズーム)は搭載

HC-W570M 【発売時価格:77,760円 実勢価格:5万円台前半】

2014年モデルの売れ筋『HC-V550M』の後継機種。
2015年モデルでは「ワイプ撮り」機能をこのクラスから搭載。
ワイプ撮り
出典:http://panasonic.jp/

HCV-360と比較すると、
「クイックパワーオン」「Wi-Fi機能」「NFC」「オートレンズカバー」
などの使いやすい機能が追加されたエントリーモデル。

HC-W870M 【発売時価格:110,160円 実勢価格:7万円台中ば】

「大型セル&裏面照射型高感度MOSセンサー」「4ドライブレンズシステム」を搭載、
その他にも「HDR動画モード」「5.1chサラウンド機能」「赤外線ナイトモード」
までついた高機能モデル
コンパクトモデルの「V360M」「W570M」に比べてサイズ・重さは大きめに
またレンズがこのクラスから替わり「ズーム」よりも「明るさ」にウェイトを置いています。

HC-WX970M 【発売時価格:156,600円 実勢価格:11万円台前半】

4K30p高画質
「4KハイスピードMOSセンサー」「クリスタルエンジン4K」「ライカディコマーレンズ」
を搭載した家庭用ビデオカメラのフラッグシップモデル。
「2590万画素」の静止画記録に、4K動画から写真(静止画)を切りだせる
「4KPHOTOモード」も。

PAGE
TOP