【性能・価格比較】新製品HDR-CX670と旧モデルHDR-CX535の違いはココ!

hdr-cx670-535hikaku.jpg
SONYハンディカムのエントリーモデルとして売れ筋ランキングトップの
『HDR-CX535』も2014年1月の発売から1年が経ち、
後継モデルの新製品『HDR-CX670』が2015年モデルとして発売されました。
今年も人気機種となるであろうシリーズの性能・機能を旧モデルと比較!
新機能「XAVC S」とは?

基本性能はほぼ同じ~今回はマイナーチェンジ?

メーカー新製品では従来機種から大きくデザイン・性能を変えるフルモデルチェンジもありますが、今回の「HDR-CX670」は基本性能をほとんど変えていないのでマイナーチェンジと言えますが、いくつかの新機能が搭載されているのでそこに注目です。

SONYハンディカム【HDR-CX670・HDR-CX535】性能比較表

? HDR-CX670 HDR-CX535
イメージセンサー 1/5.8型 Exmor R CMOSセンサー
総画素数 251万画素
レンズ Gレンズ
フィルター径 46mm
F値 F1.8-4.0
ズーム 光学30倍(デジタル350倍)
液晶モニター 3.0型(16:9)
手ブレ補正 空間光学方式
映像記録 XAVC S規格
AVCHD規格
MP4
AVCHD規格
MP5
音声記録 ドルビーデジタル5.1ch
ドルビーデジタル2ch
MPEG-4 AAC-LC 2ch
リニアPCM
ドルビーデジタル5.1ch
ドルビーデジタル2ch
MPEG-4 AAC-LC 3ch
静止画フラッシュ
本体質量 約305g
Wi-Fi(内蔵)
NFC

高画質ビデオ用記録フォーマット「XAVC S」を搭載

高画質ビデオ用記録フォーマット「XAVC S」
出典:http://www.sony.co.jp/

ソニーが開発したプロユース向けの4Kハイビジョン用の高画質ビデオフォーマット規格「XAVC」を家庭用に拡張した「XAVC S」をHDR-CX670を始め新製品全機種に搭載。水しぶきなどのブロックノイズが出やすかった被写体でも高画質撮影ができる注目の技術です。

WiFi・NFC内蔵でパソコン・テレビ・スマホとスムーズに連携

WiFi・NFC機能を内蔵
WiFiを内蔵してテレビやパソコンへの動画転送を始めスマホからのリモコン操作にも対応。
NFC機能付きスマホであればアプリを入れることでワンタッチでシェアが可能に。

HDR-CX670・HDR-CX535価格比較

HDR-CX670の実勢価格は6万円台で、
旧型のHDR-CX535は処分価格で4万円台となっているため
上記の性能差だけではまだ「CX535」の方がコスパ的に魅力です。

卒業・入学シーズンの3~4月に
CX670の平均価格が5万円台中ごろまで下がれば買い時に。

PAGE
TOP