性能/価格比較[HDR-PJ675/CX675/CX485]SONYハンディカム2016’モデル

1月発売の新製品~SONYハンディカム2016年モデル
【HDR-PJ675/HDR-CX675/HDR-CX485】
HD(ハイビジョン)タイプ3機種の基本仕様・機能・価格を比較。


基本は旧型モデルのマイナーチェンジ

新製品の3機種ですが、基本性能は各旧型モデルの【HDR-PJ670/HDR-CX670/HDR-CX480】をそのまま引き継いでいるためこれまでのクラス分けとほぼ同じになります。

上位モデルのFDR(4Kフルハイビジョン)タイプでは、プロジェクター機能がはずされたりと変更点もあるようです。

【性能・価格比較】PJ675/CX675/CX485

型式 HDR-PJ675 HDR-CX675 HDR-CX485
参考価格
Amazon
イメージセンサー 1/5.8型 Exmor R
CMOSセンサー
1/5.8型 Exmor R
CMOSセンサー
1/5.8型 Exmor R
CMOSセンサー
4K
手ブレ補正 空間光学式 空間光学式 光学式
レンズ Gレンズ Gレンズ バリオ・テッサー
動画
有効画素数
229万 229万 229万
フィルター径 46mm 46mm 37mm
F値 F1.8-4.0 F1.8-4.0 F1.8-4.0
最低
被写体照度
6lux
(ローモード:3lux)
6lux
(ローモード:3lux)
6lux
(ローモード:3lux)
メモリー 32GB 32GB 32GB
ズーム 光学30倍 光学30倍 光学30倍
液晶モニター 3.0型ワイド 3.0型ワイド 3.0型ワイド
外形寸法(mm) 61.5×66.0×121.0 57.5×66.5×121.0 57.0×59.5×119.0
本体質量 約325g 約305g 約195g
付属バッテリー NP-FV50 NP-FV50 NP-FV50

PJ675/CX675の違い

この2機種については、プロジェクタ機能ーがつくかどうかの違いだけになります。

もちろん、プロジェクターの分だけサイズや重さは大きくなりますが、レンズや手ブレ補正など基本性能から録画・編集の機能までまったく同じです。

CX675/CX485の違い

CX485はソニーハンディカムのローエンドモデルとなるためレンズ性能など上位機種に比べるとやや劣るのは言うまでもありません。

とくにソニーのビデオカメラのウリでもある『空間光学式手ブレ補正』がついていないため、運動会など動きの激しいシーンの撮影は難しくなります。
初心者だからと安い方を選びがちですが、ビデオカメラ撮影に慣れていない方にはCX675の方がおすすめです。

PAGE
TOP