ドローンを超えた!SONY-4Kアクションカムをアレに搭載した空撮動画がカッコよすぎ

流行の動画撮影方法といえばドローンを使った空撮ですが

今、テレビや雑誌でも話題のドローン(マルチコプター)を使った空中撮影。
そんな中、SONYアクションカムの特設サイト・YouTubeにアップされている
アレにカメラを搭載した「空撮」のサンプル動画がカッコイイと話題に。

果たしてアクションカムを搭載したアレとは? てか↓もうほとんど見えてる。。。

SONYのアクションカムはドローンにも搭載が可能。

なんと!アクションカムは鷲だけじゃなくてドローンにも取り付けが可能です!
↓はあの有名な無人島「軍艦島」をドローンで空撮した動画。

ドローンでしか立ち入れない場所を、4Kハイビジョンでしか撮れない高画質で撮る。
最高のシチュエーションとロケーションになっています。

高画質4Kと高性能手ブレ補正が空撮のクオリティをワンランク上へ

4K対応【FDR-X1000V】なら3840×2160の高解像度映像を、
プログレッシブ方式30pのフレームレートで撮影。
これまでにない高画質の空撮映像作品を残せる1台。

従来比で3倍ブレない!という高性能の「手ブレ補正機能」が全機種についているので、
マルチコプターやラジコンヘリ特有のモーターの振動による小刻みなブレも軽減してくれるのがSONY製の魅力。

発売から3ヶ月が過ぎ、価格も値下がり中

2015年1月発売の新機種ですが、市場価格は順調に値下がり中、
【4Kアクションカム|FDR-X1000V】の最安値は48,000円前後、
【ハイビジョンアクションカム|HDR-AS200V|】は最安値35,000円前後、
と買いやすい価格帯に突入し人気上昇中。

GO-PROにするかSONYにするか今年のアクションカムはさらに話題になりそうです。

PAGE
TOP